オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2005年06月01日

持ち物何に入れてく!?

本日は、スーツケースとバックパックのお話です。
■スーツケースとバックパック


保存版持ち物リストを、ちょくちょく補強しているんですけど…

本日、スーツケースとバックパックが抜けていることに気が付きました!!渡豪する時には、スーツケースとバックパックのいずれかを持っていきますので、今日はそれぞれの特徴をお話していきます。



■スーツケース



<良いところ>


・セキュリティー性能が高い。
→暗証番号やカギでロックができます。
また素材にもよりますが、簡単には刃物では切れません。

・転がせるので、重くない。
→コロコロと取っ手がついています。



<ダメなところ>


・手がふさがってしまう。
→特に引越しをする時、飛行機などで大きく移動する時には、かなり邪魔です。(苦笑)トイレに持ち込む事も難しいです…そのため、いつも隣に置いておく必要があります。




<総評>


頻繁に引越しや、移動を考えていない人は、スーツケースを持っていきましょう。ホームステイ先やシェアハウスでは、スーツケースにロックをかけた状態で安心して置いとけます。


それから、たとえ知り合い同士でも、しっかりロックはしておきましょう。

なぜなら、もしも、「物がなくなった」とか「盗まれた!?」というトラブルが発生した時には、全て自己責任で処理されるからです。疑われる人も、気持の良いものじゃありませんしね。




■一生に、一体いくつスーツケースを買うのか!?



その答えは「何十個、何百個も買わない!」



だから、ほとんどの人がスーツケース初心者だと思います。

(だいじんもそうでしたし…)



そこで、大臣のオススメは、ココです。



このページは、サイズ、用途、購入時のポイントを詳しく説明してあります。スーツケース初心者の方は、一度見てみて、勉強しておきましょう。また、やっぱりオンラインショップだけあって、安いですよ。



ちなみに…


6月1日〜8日までの、セール品があります。



72cm(8日以上用)・・・・18690円→12900円(31%引)



だいじんが今、スーツケースを買うとしたらこれですね。



電子ロックとか、消音キャスター…いろいろありますが。

「最新素材の軽量モデルであること」ココがポイントです。

飛行機には、一般的に20kgという重量制限があります。どんなに丈夫で、大きくて、使い安いスーツケースでも、重かったら…

肝心の中身を減らさないといけません!!


この「今年、楽天市場でもっとも売れてる凄いスーツケース」。
オススメです。



■バックパック



続いては、バックパックの紹介です。



パックパックとは、簡単に言うと大型リュックサックのことです。


ラウンドをメインに考えているワーホリメーカーは、

このバックパックと一緒にオーストラリアに乗り込みます。



<良いところ>


・手が自由に使えるので、いろいろ便利。
→飲み物を買うときや切符を買うときでも、背負ったままでOKです。

・欲しいものが取り出しやすい。
→一つのバックパックの中には、細かい部屋があり、欲しいものがさっと取り出せます。



<ダメなところ>


・セキュリティーが低い。
→携帯しやすく作られているので、誰かが背負って持って行ってしまったらそこでお終いです…(汗)


<総評>

本当に「ラウンドが中心だ!」という予定がない限り、大臣はスーツケースをオススメします。オーストラリアでもスーツケースは売っていますし…


また、ラウンドへ出発する直前で、要らない持ち物を日本に送って、バックパックを購入したという友達もいました。ちなみに、こうした日本に荷物を送るサービスや業者も、日本人向けの無料雑誌を見ればすぐに見つかります。



そのため、もし最初の三ヶ月程度は一箇所に留まる予定なら、スーツケースで渡豪しましょう



スーツケースなら部屋に置いておいてもあまり無造作な感じはしません。
(バックパックは、目に見える場所に置いて置くと、どうも無造作に置いてある感じがするので…)


それから、ラウンド予定の方は、このページを参考にしてみてくださいね。


ブログランキング参加してます!
←今日も読んでくれてありがとー


→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る

posted by 大臣 at 22:12| ワーホリ保存版持ち物リスト〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。