オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2005年05月03日

〜留学エージェントの選び方4〜

■留学エージェントを決めよう!■

この記事を読んでいる人はエージェントから送られてきた資

料が手元にいくつかあると思いますが…


ここで比較する前に一つ注意しておく必要があります。


それは、「資料を届けてくれたエージェントだけが全てのエ

ージェントではない」
ということです。



実は、こうした資料請求サイトにも登録してない留学エージ

ェントもまだまだあるんです。

(それだけ留学エージェントの数は多いんです…。)



さらに、安くて、良いサービスと値段で留学エージェントを

利用したいと考えている人は、手元にある資料を元にしても

う少し調べてみましょう。



ちなみに、留学エージェントを比較するポイントはこんな感

じになります。



・扱っている国や分野

・取り扱っている学校数やその選択基準

・パッケージの内容

・カウンセリングのスタイル(訪問型、電話型、メール型など)

・現地サポートの体制

・利用者の評判




こうしたポイントを参考にして一度留学エージェントを見て

みてみましょう。



■コンタクトを取ってみる■



特に、留学エージェントを選ぶ時に非常に重要になるのがカウン

セリングになります。



留学エージェントを選ぶ時には、資料請求をして、候補を絞っ

て、コンタクトを取ってみて、カウンセリングをお願いすると

いう流れが一番ベーシックですから。



最終判断はカウンセリングで決めましょう!



そういえば…コンタクトとカウンセリングをごっちゃごちゃにし

ている人っていませんか?



簡単に説明すると、コンタクトというのはエージェントとの連絡

レベルでのやり取りのことです。



そして、カウンセリングというのは、悩みや問題を解決するため

に、協力や助言を受けることを指します。

(イメージが湧いたかな!?)



そのため、カウンセリングは、留学相談の場であると共に、エー

ジェントを選ぶための「最終面接」の場と考えてください。


そこの留学エージェントの顔であるカウンセラーが信頼できるか

どうかをあなたが判断するんです。


留学エージェントの顔となるカウンセラーが信用できないようで

あれば、そこの留学エージェントは信用できないものと考えてた

方が無難です。



(たまたまそのカウンセラーが悪かったという事もありえますが

…)



けれど、留学エージェントでもっとも重要な役割を担うカウンセ

ラーの役割や存在の重要性というのは、企業側も十分に配慮して

いるはずです。


だいじんなら、そんな信用できないようなカウンセラーを雇って

いる時点で、そこの企業の方針や企業の雰囲気を疑います。



だから、本当の意味でのカウンセリング(協力や助言)をしない

で、契約に持っていくようなところは止めておきましょう。




また、会社にとって調子のいいことばかり話す人より、現実的な

アドバイスをしてくれる人のほうがよっぽど安心ですよね。

やっぱり。




特に、こんなカウンセリングを行う所は注意しましょう。


・特定の学校やプランを強く勧める

・勧誘が執拗

・申し込みを必要以上に急がせる

・対応が遅い

・質問に明確に答えられない

・料金の詳しい説明をしない

・希望や要望からずれている



などなど…




これで留学エージェントに関しての記事は終わりですが、


この4つの記事じゃもの足りない!

もっと詳しく留学エージェントを知りたい!って方は特集ページ

を組んだので参考にしてください。


特集ページ「留学斡旋業者の選び方」




→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る

■■オーストラリアのワーキングホリデー情報サイト■■

「オーストラリアDEワーキングホリデー」

posted by 大臣 at 23:34| 留学エージェントのいろは! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。