オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年07月31日

オーストラリアでオケイコ。

ブログランキング参加中。
⇒オセアニアブログランキング1位を読む!


こんにちは、だいじんです。

今日は、オーストラリアのカルチャースクールについてお話します。





■現地人との交流


最近日本でも、カルチャースクールというものが流行ってきて

いますが…オーストラリアではずっと前からカルチャースクー

ルという文化が根付いているようです。



それというのも、オーストラリアではアフターファイブが徹底

しているため、仕事帰りにジムによって一汗を流したり、

ゴルフをしてみたり、カルチャースクールに通ったりという事

が簡単にできるからです。


(アフターファイブっていい響きですね^^;)



ちなみに、カルチャースクールとは、趣味で何かを学びたい人

のために開講している小さな学校のことを指します。



日本では、「○○文化センター」という名前の会場などで

開催されてたり…


「カルチャー教室マガジン」などの雑誌などでこうした

情報を手に入れる事ができます。



では、オーストラリアではこうしたカルチャー教室は

どうやって見つけるのでしょうか?




■大抵は二つ。


オーストラリアでこうしたカルチャー教室を見つけるには

二つの方法があります。


一つは、ウェブサイト。


そして、もう一つは地元の掲示板やクチコミなどです。




ワーキングホリデーメーカーや留学生の人が、こうした

掲示板やクチコミに触れる機会は少ないと思うので、

ウェブサイトを活用してみましょう。



参考ウェブサイト

シドニーコミュニティーカレッジ



このコミュニティーカレッジでは、英会話から写真、

ワイン、油絵などさまざまな講座を手軽に楽しめます。




■メリット




こうしたカルチャー教室は、決して安くはありませんが…

(一週間、5回程度の授業で200ドル前後必要です。)



ワーキングホリデーメーカーや留学生の人がなかなか

交流する事ができない現地人との出会いがあります。



大抵のワーキングホリデーメーカーや留学生もこうした

カルチャー教室にはほとんど通いません。


そのため、日本人もほとんどいないでしょう。

(コースや地域にもよりますが…)



自分の好きなことを通じて現地人と交流ができる。

英語の勉強にもなる。

好きな事も学ぶ事ができる。



せっかくオーストラリアに行くんですから…

なんでも挑戦してみてくださいね。







→オーストラリア完璧持ち物リスト





→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る

この記事へのコメント
へえ。
そんなんあったんやぁ。
私も行ってたらよかったなあ。
今になってそういうの知ってたら、もっと英語伸びたかなって思ったわ。
友達がワーホリ興味あるみたいなのでぜひぜひ、この辺の情報とか知らせてあげたいな♪
Posted by kumi at 2006年08月01日 11:11
コメントありがとう^^
kumiさん。

そうです…実は探すと色々あるんですね〜。それから、ぜひ友達にもこのブログを教えてください
(宣伝!?)




Posted by だいじん at 2006年08月01日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。