オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年06月01日

こんな復習方法もあります。

ランキング1位を読んでみる!


こんばんは、だいじんです。

今日は英語学校に通っている時の復習方法についてです。




■最初の一週間


だいじんと同じように英語を全く喋った事がない…

リスニングが弱い…



そんな人がはじめに通う語学学校。


でも、この語学学校も超英語初心者にとっては大きな壁です。



最初の一週間は、ほんっとうに…


「クラスについていけません!」



たとえ同じようなレベルに入ったとして、まず先生が言っている

事が分からなかったりします。。。


そして一週間ぐらい経つと、ようやく耳が慣れてきて先生や周り

の友達が言っている事が分かり始めます。



もちろん、そんな時でも家に帰ればリスニングマテリアルが

いろいろありますが…


でも、テレビやラジオ、ホームステイ先の家族同士の会話など

は、ほとんど聞き取れない事が多いです。


そんな時、便利なのがICレコーダー



■先生にずっと喋ってもらう。



一番最初の時に一番良いリスニングマテリアルは、語学学校の

先生が話す言葉です。



はっきり。ゆっくり、そして丁寧に話してくれます。



先生達もプロなので、語学を学んでいる人達でもわかるような

わかりやすい言葉、正しい発音で授業を進めてくれるんですね。



本当に…最初の最初はゆっくりで簡単な英語をたくさん聞く事が

英語に慣れるポイントです。


しかも、正しい発音のものを聞くこと。


英語を学んでいる周りの友達も、簡単な英語で話します。

でも、それが正しい発音であるとは限りません。



そこで、英語学校で授業を受けている時に、ICレコーダーを

ずっとまわしておきます。


そして帰宅してから先生の言葉をもう一度聴くのです。


大抵授業は、筆記練習や会話も平行して行われるので、

先生の言葉に100%集中して聞く事はまずありません。


「〜しながら」という事がどうしても多くなるので、

聞き逃した言葉も多くなります。


家に帰って、ICレコーダーをもう一度回せばそうした

聞き逃しも減りますし、一度聞いた英語なので、

さらに理解ができるようになります。


英語が理解できれば、楽しいですし、今日習った事の

復習も簡単にできるのです。




■先生にずっと喋ってもらう。


最近は、ICレコーダーの値段も安くなってきて、高品質な

ものも多くなってきました。


もし、荷物に余裕があればこうしたICレコーダーを持って

行きましょう。


きっと役に立つと思いますよ。


5,6千円のものでも十分ですが、1万円前後のものはパソコン

との接続ができたり、MP3プレイヤーとして音楽も聴く事ができ

ます。


オススメは、ソニーの「ICD-U60 L」という機種です。




できるだけ安く購入したい人は、このサイトがオススメですよ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。