オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年05月29日

日本からの国際電話方法

ここでは、日本からオーストラリアへ電話を掛けるときの一番

お得な方法についてお話します。


■日本から安く国際電話をかける



フォンカードって聞いた事がありますか?


オーストラリアから日本にかけるときには、こうしたカードがありますが、残念ながら日本からオーストラリアに掛ける時にはここまで安いフォンカードはありません。


ここでは日本にあるフォンカードで一番お得なカードを紹介します。


この会社です。


いろいろだいじんも調べましたが、この会社が一番安く、音質も良かったです。






■比較データ

>通常の電話会社を使う


一般的にマイラインを提供しているような、有名な電話会社を使った場合、大体6秒で、15円だとか、20円掛かってしまいます。これを一分換算すると、大体150〜210円もの料金が必要になります。


…大金ですね。。



>日本のフォンカードを使った場合

先ほど紹介したVIVAPLUSの他にも、いくつかフォンカードがあります。



→MCIエクスチェンジカード


このカードは、日本ではJALが販売しているフォンカードになります。また、実際にこのカードを提供しているのは、アメリカの会社MCIワールドコム社という会社で、このカードはプリペイド式のテレホンカードなっています。


気になる料金は、一分間32円となってます。



→グローバルテル



このカードは、少し変わっていて、アメリカを中継して世界各国に接続するというものになります。(コールバック方式と呼ばれる方式です。)


これは別に、「アメリカまでの中継料金を払わなければいけない」ということではありません…


ここの料金は、一分間20円となっています。



■最も安いレート


上記のフォンカードよりも、現在最も安いレートを提供をしているのがこの会社になります。



この会社は、アクセスポイントまでの料金を含めて一分間約12円でオーストラリアに国際電話を掛ける事ができます。


ちなみに、現在ちょうどキャンペーン中で、携帯から無料でオーストラリアに電話を掛ける事ができるので、音質をチェックするのもアリです。



(左メニューバナーのケータイおためしダイアルという所です。)




また、登録も簡単で「E-mail」と「電話番号」だけあれば、5分で国際電話が掛けれるようになります。



家族や恋人のために、一番安い国際電話方法を日本に残しておきましょうね!


>>一度試してみてください。








posted by 大臣 at 18:14| サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。