オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年05月09日

歯は治しておきましょう。

こんにちは、だいじんです。



今日は、出発前の歯についてのお話です。


ランキング参加中です!

■出発前には



実際に、海外旅行傷害保険に関する過去記事を読んでもらえば

わかりますが、実は海外旅行傷害保険では歯の治療費は

カバーされません。



通常、病気にかかった時などに、適用される項目は

「傷害治療費用」や「疾病治療費用」というものです。


インターネットの申し込み画面や、実際に受け取った

保険のパンフレットの下のほうを見てみると…


細かい文字でこんなようなことが書いてあります。


「既往症、妊娠、出産、早産、流産、歯科疾病等は

お支払いの対象となりません。」


ちなみに、既往症とは「今は回復しているが、

以前かかったことのある病気のこと」を指します。



■メディケアも効かない



メディケアとは、オーストラリアにある国民健康保険のような

ものです。


ただ、対象者は、基本的に国民や永住者になっていて、

国民と永住者は全員加入しなければいけません。


このメディケアでさえ歯の治療は実費でやらなければいけないので、

オーストラリアで歯の治療は通常の治療とは異なっていることが

わかるとおもいます。



■でも…



こういったことを知っていたので、だいじんはワーキングホリデー

出発前に歯医者にきっちりと通いました。



ただ一つだけ気がかりな事がありました。




それは親知らずです。



出発前にはまったく痛みはなかったものの…

いつ痛み出すか分からないので、ヒヤヒヤしながら

オーストラリアに渡ったのを覚えています…^^;



出発前には歯はしっかり面倒をみておきましょうね。






持ち物リスト更新しました。






→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。