オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年05月04日

国際郵便の種類〜その2〜

こんにちは、だいじんです。


今日は、国際郵便の種類についてお話します。

(ワーキングホリデービザに関するお話が途中で入りましたが…)





ランキング参加中です!



■過去記事




>郵便の過去記事1

>郵便の過去記事2

>郵便の過去記事3

>郵便の過去記事4




■船便



今日は、国際郵便の中でも最も安い輸送方法船便を

紹介します。



この船便の特徴はなんといっても安いこと。



通常の航空便や、EMSと比べた場合…こんな感じになります。


(5kgの場合)

>航空便 10,150円

>EMS  8,200円

>船便  4,000円



ただ、船便で注意したいのは輸送期間が早くても一ヶ月という

ことです。


大体船便の目安の期間は1〜2ヶ月と言われています。




こちら、船便の小包料金表になります。




こちら、船便で運べる郵便物の料金表になります。



こっちは、小包ではなくて、書類やはがきなどの料金が

書いてあります。





■昨日の記事の追加




昨日の記事で、ワーキングホリデービザの変更についてお話しました。


少し補足があるので、ここでも書いておきます。




実は、あのビザの変更が対象になるのは、

2006年の7月1日以降にビザを申請した人のみです。



現在すでにワーキングホリデービザを申請して日本にいる人や

すでにオーストラリアに渡ってしまった人は、

今までの条件が適用されることになります。



それでも、季節労働(ピッキング)を三ヶ月労働したという

証明があれば、二度目のワーキングホリデービザを申請できるので

まだワーキングホリデービザの期限がある人は

二度目のビザ申請のチャンスがあることになります。



ちなみに、だいじんはまったくピッキングなどは

やっていないので、ワーキングホリデービザを再度

申請する事は当分できないと思います。。。。





ウェブサイト更新しました。





→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。