オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年04月18日

ワーキングホリデーとスーツケースの関係3

こんばんわ、だいじんです。


今日もスーツケースに関する記事を紹介したいと思います。


ランキング参加中です!


■以前の記事


スーツケース・バックパックに関する記事1です。


前回のスーツケースに関する記事です。


スーツケースに関する記事2です



■セキュリティーの最先端



これまでには、スーツケースの良いところだとか、スーツケースを購入する時に注意するサイズなどについてお話しました。


そこで、今日はワーキングホリデーに多いスーツケースのセキュリティーや使い方に関してについてお話します。

スーツケースが通常のバックパックや旅行カバンと違うのはやはりセキュリティー機能です。



最近のスーツケースはすごいもので、しっかりとしたカギが標準でついていますし、カギ+暗証番号によるカギもついていたりします。



また最近では、スーツケースにも電子ロックがくっついているものがあります。(すごいですね。。)


でも、いくら電子ロックだからといってスーツケースが盗られる時には盗られてしまって、あけるのに苦労するだけ…というだけです。。



現在売られているスーツケースは、まずクリップやヘヤピンなどで簡単に開けれるような安いカギがついていることはまずありませんので、電子ロックは絶対に必要ではないかな?とは思います。



■スーツケースの使い方


ワーホリの間では、スーツケースはその高いセキュリティー性能から部屋に置く簡単金庫のような感じで使われることもけっこうあります。


どうしても引き出しには入れて置けないようなものや、なかなか人には見せられないようなものや貴重品、パソコンなどをしまっている人が多いです。


これがバックパックや安いカギしかついていないバッグだと貴重品やパソコンを入れておくと少し不安になったりする場合もあります。


だから、ワーホリを予定している人は、ある程度のカギがくっついているハードケースのものを購入しましょう。


(ハードケースであれば、簡単に壊されることもないですし、日本から空港へと運ぶ時にも中身に損害が出にくくなります。)



また、前回の記事で、めちゃくちゃでかいスーツケースはないか?というメールが届きましたので…


ここで一つ紹介しておきます。


これです。。


国内最大サイズ(75cm)XLです…


これだけ大きいものは、

旅行用品店でもなかなか見かける事がないです。。。



ちなみに、これも109リットルで十分な大きさになります。

電子ロックもついていますし、転がすローラーも高性能です。


今ならセール期間中で安くなっているので、一度見てみてください。








→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。