オーストラリアの留学・ワーキングホリデーに関する情報サイト「オーストラリアDEワーキングホリデー」

2006年01月23日

オーストラリアの教育〜その5〜

こんにちは、だいじんです。

今日はオーストラリアの小学生の生活についてお話します。


ランキング参加中です!

■オーストラリア小学校生活


オーストラリアの小学校は、毎年2月から始まり、12月半ばまでが年度となっています。

オーストラリアでは、12月後半から一月にかけてのクリスマスホリデーが

日本で言う夏休みみたいなものです。


それは、クリスマスホリデーを含めた休暇が一年の中で一番長い休暇になるからです。

(正確には、クリスマスホリデーはクリスマスの前後一週間くらいで、

その後に、夏休みがあるという形になっています。)



つまり、12月の後半から一月の後半までまるまる休みということになるんですね。



また、4月、7月、9月に1〜2週間ほどの休日があります。

(これは、それぞれの学期に挟まれた小休暇みたいなものになります。)

オーストラリアは4学期制で、学期をターム(Term)と呼んでいて、

そのTermの間に、休日が挟まっているんですね。


ちなみに、日本と同じように、土曜日と日曜日はしっかり休みです^^



■一日のスケジュール


小学校の始業時刻は学校によって少し異なることがありますが、

大体午前8時45分か9時から始まる学校が多いです。



そして、下校時間は午後3時半ごろになります。


授業は2時間続きで、その間に30分の休憩時間があります。

そして、ランチタイムは40〜50分が普通です。



公立校は、住んでいる地域にある学校に通うのですが、

実は、厳密な学区というものがなく、好きな学校を選べます。


(日本のように、学区の端っこにある子供が、わざわざ遠い学校に

通うという状況はないんですね。)


ちなみに、だいじんの小学校も町内を横断しての登校でした。(遠かった。。)


学校の手続きは、所定の用紙に必要事項(指名・住所・国籍やビザの種類など)

を書いて、その学校長の面接を受けるというスタイルです。


ちなみに、学校長との面接がありますが、定員オーバーでない限り入学が

許可されるという寛容さです。(義務教育期間に限りますが…)


今日はここまでです、明日もオーストラリアの教育に関してお話していきます。



よかったらもう一つのブログもどうぞ。

「オーストラリア人の自然観についてお話しています。」





ブログランキング参加中です
↑最後まで読んでくれてありがとう〜



→「オーストラリアの楽しみ方〜ワーホリver〜」トップページに戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。